郡上スゴロク 10月の〼tarとオススメルート

郡上スゴロク 10月の〼tarとオススメルート

2020/10/5

お知らせ


 

岐阜県郡上市は城下町である郡上八幡はもちろん、

周辺の自然のめぐみが豊かな地域で、その恩恵を受けつつ

新たな生き方、働き方、遊び方に挑戦している人たちがたくさんいます。

そんな郡上市全体をスゴロクに見立て、

それぞれエリア・分野で活躍している人(〼tar-マスター)をつなぎ、体験してもらうツアー

それが、【郡上スゴロク】です。

 

タテマチノイエ管理人であり移住11年目の私の人脈を最大限に活用し、

【郡上に来たら会うべき人】を、完全に個人の主観で選び出してご紹介。

あなたのオリジナルの郡上スゴロクをコーディネートします。

事前に【旅で何を得たいか】【どんな体験をしたいかを】ヒアリングし

各〼tarと調整して組み立てる、完全オリジナルツアーです。

 

タテマチノイエから始まる郡上スゴロクは

〼tarと出会い、学び、体験し、訪れる人と暮らす人とで共に作り上げる旅を目指しています。

これから大きく変化するであろう

働き方、暮らし方、地方と都会のあり方、自然と人間とのバランス。。。

【郡上スゴロク】にはそれらのヒントが散りばめられた

大きな可能性を秘めたツアーになることと信じております。

 

1回休んだり、人生の振り出しに戻ったりしながら

ゆっくりとスゴロクのコマを進めて行きましょう。

 

 

 

企画&navigator 木村聖子

麗奈撮影

 

まちやど/タテマチノイエ管理人
東京、イギリス、沖縄の生活を経て2010年に郡上へ。
たまたま訪れた東京で震災に遭い、都会の脆さを実感。
郡上に根を張る決意をし、2014年ゲストハウスまちやど開業。2019年タテマチノイエ開業。
宿業を通じて都会と地方の繋がるしくみ作りに挑戦中。
郡上スゴロクでは、オリエンテーション、スゴロクの楽しみ方のガイド、旅のチェックイン初日のお清めご飯と座禅アテンドを担当。

 

【郡上スゴロク】は移動すらも体験と学びにあふれています。
お車をお持ちでなくても、公共交通機関と自転車、時にはe-bike(レンタル)を駆使して郡上の自然を満喫できるように企画しています。
もちろん、自家用車での移動も可能です。

 


★10月のスゴロク(一例)

・3泊4日どっぷり郡上にひたる旅バージョン

day1)

郡上(タテマチノイエ)check-in

郡上の水で禊(身体の浄化)

郡上の豊かな夕食(体内浄化)

夜坐(心の浄化)
(宿泊)

座禅小

day2)

多拠点藍染〼tarと藍染体験

ひらく酒蔵〼tarと酒蔵見学 HI TSUKI GOSEIのお酒と酒粕漬けジビエ試食。


農とくらしの〼tarとオーガニックな農体験+季節の恵みの夕ご飯
(宿泊)



119737192_1582409025268008_4976954829148773168_n

 

IMG_1497

農体験4

 

day3)

ひるがのへ移動

E-MTB拝殿〼tarとe-bikeで道なき道を駆け抜ける!

ゲストハウスキンザザ(高鷲) に宿泊。

 

00.01_57_10_03.静止画004

119728793_2619339375063389_1003102368908899801_n

 

day4)

長良川鉄道でゆっくり郡上八幡まで戻り、スゴロクのふりかえりとチェックアウト。

 

3泊4日 1人37,000円〜(週末割増あり、体験によって料金が変わります)〟

(宿泊、体験込み。一部長良川鉄道・食事代別途)

 

 


・心も身体も胃袋も

郡上八幡で満たされ癒されるコース
★女性向け★(1泊2日)

1日目 同じ

2日目
多拠点藍染〼tarと藍染体験

おもてなし〼tarと料理で旅する郡上の極上ランチ

温活・養生〼tarの秋冬のお手当講座

1人30000円(1泊2食、体験つき)

上記2パターンはほんの一例。
お車をお持ちでなくても体験可能です。

 

組み合わせ次第で
・2泊3日のショートバージョンや4泊5日ロングバージョンもあります。
〼tarの都合によって、承れない場合もあることをご承知おきください。

・体験談やレポート、写真撮影などにご協力いただける方は割引もあります。
ご興味ある方はまずお問い合わせください。

ー・ー・ー郡上スゴロク〼tarにオンラインで会えるよー・ー・ー

10月9日(金)20時から
スゴロクスナックオンライン配信
ゲスト
・山と川の〼tar(由留木正之)
・プログラミング〼tar(宮崎倫明)

2人とも、お年頃のお子さんを持つパパ。
自然体験(肉体派)とプログラミング(頭脳派)の2人の子育てや教育について
郡上の教育事情なども切り込んでいければと思っています。
移住を検討しているお子さんをお持ちの方は特に、必見ですよ!

 

詳細はFBで随時アップしていきますのでフォローお願いします。
タテマチノイエ/タテマチ食堂FB

 

10月の〼tar紹介

◇調身・調息・調心〼tar
稲村隆元(郡上八幡生まれ)

稲村隆元小
秋葉三尺坊梧竹院(八幡町)
1521年創建の秋葉三尺坊悟竹院23代目住職。数年間の修行を経て生まれ育った郡上の寺へ戻る。
若い感性でお寺を身近な場所へと座禅や鐘つきなどを公開・開催している。

農とくらしの〼ter
多田ひろき(三重県生まれ)
しほ (郡上八幡生まれ)

多田夫妻
くらしの宿Cocoro(大和町)
自然栽培農家。「小さな農家を増やす」がライフワーク。
2019年より農のあるくらしを楽しめるオーガニックな農家民泊『くらしの宿Cocoro』を開業。

多拠点藍染〼ter
高岡奈美帆(愛知県半田市生まれ)

奈美帆写真

紺屋のナミホ(4−9月石徹白・10-3月八幡)
名古屋栄のアパレル店員から一新。藍染と郡上おどりのために都会暮らしから標高800mの山暮らしへ。
石徹白⇄半田市と、藍染を軸に季節に応じて活動拠点を変えて活動しているいつも手が青い人。

◇E-MTB拝殿〼tar
ゲストハウスキンザザ (郡上市高鷲町)

吉田実生3:2
20年前に訪れた郡上で、郡上おどりの虜に。
その後10年郡上に通い詰め、2010年より移住。高鷲町でゲストハウスを経営。
白鳥おどり保存会の若き歌い手としても活躍する傍ら、e-bike,スノーボードなども得意分野。

◇ひらく酒蔵〼tar
深尾和代(愛知県長久手市生まれ)
深尾和代3:2

平野醸造 HI TSUKI GOSEI 企画。
学生の就職支援に生徒との関わりから、生きていく土地が人への健康に大きく関わると実感。郡上カンパニーをきっかけに、郡上に移住。飲み手の方も酒作りに参加できるような蔵の環境づくりに邁進中。

育菌〼tar
畑中美里(郡上市大和町生まれ)

畑中美里小宝暦みそ(畑中商店 大和町)
地みそ、地たまり、糀などを昔ながらの製法で製造販売する「畑中商店」に嫁ぎ、
代々受け継いだ味噌づくりを次の世代へ。
菌を、まるで我が子のように愛情をもって励まし、見守りながら菌を育てる達人。

 

◇山と川の〼tar
由留木正之(神戸生まれ)

由留正之3:2

川旅の途中、郡上の川と、自然、そこに暮らす人々に惚れ込み移住。里帰り中に阪神大震災に遭遇。
自然体験や地域振興のためのツアー企画運営、アウトドアガイドを30年続けている3人の娘の父。遊びを通じて自然の豊かさを伝えてくれる。

◇プログラミング〼tar
宮崎倫明

宮崎倫明3:2

IT系エンジニアを経て郡上へ。

郡上カンパニーのプロジェクトパートナーとして活動する傍ら、モノづくりの教育事業を行う郡上ロボットクラブを設立。市内小学校のプログラミング講師も務める。

 

◇おもてなし〼tar
安江実由季(愛知県豊田市生まれ)

なーな2:3

(イタリアンレストラン雀の庵ソムリエ)
広告代理店で勤務した後、世界一周の旅を経て2011年に郡上に辿り着く。
初代まちやどシェアメイトであり、元猪鹿庁ジビエ課。
雀の庵の料理に魅了され、ソムリエの道へ。
食材が育まれ、テーブルに並ぶまでのストーリーを一つ一つ丁寧に伝えてくれる。

◇温活・養生〼tar
加藤祐里(愛知県生まれ)
加藤祐里3:2

助産師として働きながら子育てに邁進する中で、「おいしい空気はお金では買えない!」と、家族で郡上に移住。

元助産師の鍼灸師として、家族との暮らしを大切にしながら、自然環境を活かした衣の手仕事を若い母親たちに広めている。

 

 

お問い合わせ先
090-9174-7253(タテマチノイエ 木村)
※お電話は16時以降にお願いします。
または machiyado.gujo@gmail.com まで。