移住女子。

移住女子。

2017/6/26

まちやどについて


まちやど管理人 せい子です。

 

日本や海外で住み込みやハウスシェアなど、

様々なくらし方、働き方を経験して、

生まれ故郷の青森から、東京、イギリス、沖縄を経て

2010年より岐阜県郡上市に移住しました。

 

2014年に郡上八幡でゲストハウスを開業。

まちやど活動を通して、都会と地方、家族の枠を超えて、

それぞれが生きたい場所、暮らしたい場所で

自分らしく生きられる社会を目指して日々活動しています。

まちやど管理人 木村せい子のプロフィールは こちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日は、久しぶりにご近所に単身で住む女の子たちを呼んで

まちやどでシェアごはんしました。

 

メニューは、

・サラダうどん

・ポテトとズッキーニのトマトチーズ焼き

(うまば農園のトマトピューレとてんち農園のズッキーニ使用)

デザートには、フローズンヨーグルトとオレンジ。

 

いつものことながら、

お料理とか、みんなでいえーい!!みたいな写真を撮り忘れて、

真っ先に食べ始めちゃうところが女子っぽくない(あ、私がね。)んだけど。。。

ふと黒板を見たら

 

IMG_9812

 

確かに。。。

 

ここ数年、郡上に移住者がぐーーーーーんと増えた。

 

しかも、私の周りには、20代、30代で

仕事の関係で郡上に来たという女子が多い。

しかも、なぜか海外経験あり という人がほとんど。

 

私が郡上に住み始めた約8年前は

同世代で、他の土地から来た人(嫁できた人以外)と知り合うことはほとんどなくて

しかも、単身者が住める家なんてほとんどなかったので、

(まあ、今でも十分に整備されているわけではないけれど)

改めて、時代は変わったもんだなあと思います。

 

郡上はまだまだ気軽に引っ越し感覚でこれる場所ではないけれど

前よりも受け皿が増えてきたってことなんでしょう。

 

かたや、

中長期滞在プランも打ち出しているまちやど、

この7月から2ヶ月間、まちやどに滞在しながら

八幡町内の飲食店で働く予定だった女の子。

「滞在できなくなりました。お仕事紹介頂いたりいろいろお世話になったのにすみません」

と、ライン一つで完結(したと本人は思っている)

勤務予定だったお店の担当者にも何の連絡もなし。

という人もいます。

 

今まで、少なくとも私が郡上に来てから

郡上で暮らしたい=郡上で暮らせる

ではなかったので、

暮らしたい→暮らせる の間に

ある意味ではいろんな篩にかけられて

選別された人しか残っていなかったような

そんな印象を受けるのですが

今は、8年前に比べたらだいぶ気軽に住める郡上になりました。

 

気楽に来れるってことは、

同時に、気楽に去れるっていう状況も作り出しているってことだよなー

と、しみじみ。

 

決して、今郡上に来ている若い人たちがどーのこーのと言うつもりはないけれど

気楽に来れる人口が増えれば、もちろん、その中にはいろんな人がいるんだろうなあと。

世代も違い、育った環境も違い、価値観もまったく違う人たちが

同じコミュニティーの中で、

一見、共通言語だと思われる日本語(地域によって受け取り方がかなり違う)を元に

電話、メッセージ、ラインなどの手段(年代によって、重要度がかなり違う)

を用いて生活していくわけですから

まあ、いろんなコミュニケーションエラーがが起こるだろうなー。。。と

 

今までまちやどではいろんなヘルパーが住んでいて

それはそれは、いろんなことがありましたので。。。

スケールは違えど、同じような現象が

これから、八幡、そして郡上の地域の中で起こっていくのだろうかと

 

楽しみなような、不安なような。。。