売り上げ半分、充実度は倍以上!

売り上げ半分、充実度は倍以上!

2017/5/2

まちやどについて


まちやど管理人 せい子です。

郡上八幡でゲストハウスをやってます。

郡上に来るきっかけ、ゲストハウスを開業した経緯は
ココロココさん http://cocolococo.jp/2283
全労済さん http://www.zenrosai.coop/stories/kurashi/challenge/21.html
にて取材してもらった記事がありますので、ご興味のある方はどうぞ。

 

世間はゴールデンウィーク

最近お手伝いに行っている居酒屋の女将さんやらお客さんやらに

「まちやどはどうや?お客さんたくさん来とるか?」

と聞かれます。

 

たくさんでもないけれど、ゼロでもない。。。

去年のデータを見てみると、明らかに男性の宿泊数が多かったまちやど。

この春から男性のご利用については、

女性同伴の方のみという条件付きになったので

どうなることかと思っていましたが

蓋を開けてみると、ベッドの稼働率は去年と変わらないみたい。

 

と言っても、去年までは、

6人ドミトリー、4人ドミトリー、個室(3人まで)の

最大収容人数13人というゲストハウスで、

今年の春から女子ドミトリー1部屋(4人)、個室(3人まで)と

最大収容人数7人となり、ベッド数は去年の半分ほど

単純計算して、売り上げも去年のほぼ半分になるわけです。

 

売り上げは半分。

でも、私の精神的負担と肉体的負担は半分以下。

そして、ゲストさんの満足度はかなり上がっているんじゃないかな?

という実感。

 

開業1年目は、ただただひたすらゲストさんに楽しんでもらおうと

無理したり気を遣いすぎたりして

楽しくもしんどい日々を過ごしました。

 

2年目は、「移住して起業した人」「個人事業主」というプレッシャーを

勝手に背負い込んで、事業を成功させようと躍起になって

訪れるゲストさんや自分自身のことをきちんと見れていなくて

ことあるごとに体調を崩してました。

 

3年目は、これからのまちやどや私自身のあり方について、

ここ郡上八幡で、私にできることと求められていること

そして、私が楽しく出来る運営の仕方、暮らし方を突き詰めて

できる限り視野を広げ、いろんな人と会って話をして

4年目以降のまちやどへのシフトチェンジと準備期間としました。

 

結果的に、4年目からはまちやどの規模を一旦縮小する形で

よりターゲットを絞ってシフトチェンジしたのですが、

自分が無理なく続けられることを前提に大幅に変えたので

ゲストさんとも余裕を持って接することができている気がします。

 

 

今日は、とってもいい天気で、事務仕事も溜まっていたのだけれど

家にじっとしているのはもったいない!と

昨日から3連泊のドイツから一人旅の女の子と

明宝の國田家の芝桜を観にドライブに出かけました。

IMG_9362

 

知らない国で、言葉が分からない土地を旅する彼女。

ドライブに連れ出したり、八幡の町をちょっと案内しただけで

とーっても嬉しかったみたい。

 

まちやどを訪れる人が笑顔になってくれるのは

運営する私の何よりの喜びです。

4年目のまちやどは、ゲストさんを楽しませるためだけでなく

自分自身が楽しむために、余裕を持ってゲストさんを受け入れられています。

 

もちろん、それで収入が減って、

生活が成り立たなくなるのでは元も子もないですが、

 

大丈夫!

 

次の展開に向けての準備期間ですから!